ニュース一覧

サポートが受けられる

ヘルパー

特徴と選び方

高齢社会となった現代の日本では、老人ホームの種類も多様となってきています。老人ホームの中でも、近年利用者が増えてきているのが有料老人ホームです。有料老人ホームとは、高齢者のための民間運営老人ホームのことです。介護度の違いによって介護付き、住宅型、健康型という三種類に分けられます。介護付きと書いてある場合は、食事や排せつ、入浴といった生活全般への介護が受けられ、必要ならば医療ケアも老人ホームで受けられます。要介護度が高い人でも入ることができますが、その分初期費用や月額費用は高めです。大阪にも増えてきています。住宅型は自立可能な高齢者が対象で、介護が必要となっても一般の介護サービスが受けられます。基本的には食事などのサポートのみですが、必要とあれば介護サービスや医療サービスを受けることが可能です。健康型というのは基本的に健康で自立した高齢者のみが入居できる施設のことです。介護サービスが必要となった場合は退去する必要があります。ですが食事などの生活へのサポートは受けられることが多いです。大阪には三種類すべてのタイプがあります。大阪でも増加傾向なのは介護型ですが、他の二種類も増えてきています。大阪で有料老人ホームを探すのならば、終の棲家としたいのか、どのくらいまで費用が出せるかなどを考えて選ばなければなりません。有料老人ホームは初期費用も月額費用も高額なので、ある程度資金に余裕がなければ入れません。費用である程度絞り込んでおくとよいでしょう。